TONARIの 色撮り撮りの「その他」

美術館通り'17(盛夏) 17/8/11
広島県呉市幸町入船山公園

 
 盛夏と題をつけているが、曇り空だったので、「これぞ夏!」みたいな写真が撮れそうにないので、今回は見方を変えて、各彫刻の後姿を撮影してみた。

 
《帰る人》 芥川永 1964 (左側)

  この作品を撮影するなら、背面の方が良いかもしれない。正面よりも雰囲気をよく表している気がする。


 
《春うらら》 圓鍔元規 1988 (右側)

  背景が青空なら雰囲気が良かったかな?
 
   《切り株に座って》 黒川晃彦 1989 (左側) あまり絵にならないかな(笑)

 
《腕を組む男》 関孝行 1990 (中央) 正面から見ると顔に注目が行くが、後ろからだと全体のフォルムの面白さが分かる。

 
《想い出》 山本正道 1990 (右側) 後姿は面白くないな…いや、写真の撮り方が悪いな(^^A。角度をつけた方が良さそう。
 
   《トリオソナタ・ハープ》 《トリオソナタ・バイオリン》 《トリオソナタ・フルート》 工藤健 1991

 同じようでいて、手・顔の角度が違う。光の当たり方を意識して、陰影・凹凸などを出すようにすれば良い写真になるかな?
 
 
   
 彫刻だけでなく、夏の美術館通りの様子を…味のあるクロマツがあるので、それを主役にしてみる。
 
 














《美の王国の入口で》 高橋秀幸 1993
   
 《ゆめ》 茂木弘行 1991 (左側) あぁ、この角度はいいな〜

 《走る童子》 薮内佐斗司 2003 
(中央) あぁ、この角度もいいな〜
 
   
 ケヤキ(左側)とクロマツ(右側)。

 (中央)
《斧》 水船六洲 1949

 この作品は正面でも後ろでも側面でも全部カッコイイ。私のお気に入りの作品である。
 


←レンガタイルの舗装であるが、こんなところもある。
   
美術館通り入り口付近にある旧海軍の宿泊施設、青山クラブ。

呉市では国から買い取って活用する方向だとか。
「この世界の片隅に」でも登場しているし、活用するのは賛成である。

問題はどのように使うかである。

入船山記念館、呉市立美術館、美術館通り、もっと広げれば旧海軍遺構がある地域である。どういった位置づけで活用するのか。

お役所感覚だと、せいぜい観光物産館くらいかな〜と。
 
 
 さて、最後に、美術館通りにあるデザインマンホールを全部撮影してきたので、以下紹介する。
 
 
 
 

<アクセス>
 
 呉市立美術館のHPを参照のこと。有料駐車場有り。
 JR呉駅から大通りに出ずに線路に近い道を右に進む。橋を渡って呉地ビールを右に見て更に進み、突き当りの大きな道を右折して線路をくぐる。次の信号を渡ると入口に着く。徒歩10〜15分。

 

Copyright(C)2001 All Right-reseaved tonari