広島県の大樹

【樹齢】:200年
【樹高】:21m
【幹周】:3.5m
【指定】:

(被爆樹)


撮影日
2011.2.20
2011.6.19
2011.11.27
2012.3.11
2013.2.9
2013.3.31
2018.5.4
2018.6.24
 イチョウ科 <銀杏>

縮景園の被爆イチョウ 広島県広島市中区上幟町2−11 縮景園

縮景園の被爆イチョウ 
 爆心地から約1.4キロメートルにあるイチョウの巨木。

 爆風で傾いたとのこと。

 イチョウは、お寺を火事が守ったという言い伝え各地にあり、コルク質の樹皮は火に強いようだが、原爆の爆風には耐えきれなかったようだ。
縮景園の被爆イチョウ縮景園の被爆イチョウ 
 あまり樹勢は良くないようで、樹皮は剥がれた所があり、フジツボのような塊がたくさん見られる。

 私の浅い経験上だが、こういう樹皮のイチョウはあまり元気が無いように思われる。

 ←ひこばえを伐った跡がある。

 素人が口出ししない方がいいのかもしれないが、ひこばえが多数出るということは、樹勢回復のためイチョウが頑張っている訳で、主幹を伐って、ひこばえの方を生長させた方がいいのではないかと思ったりする。

 解説板には、倒れないように梢や枝を伐り払ったとあるが、それではイチョウは自身で栄養を作ることが出来ないのでは?

 

 被爆樹木はオブジェではなくて、生きている木なのだから、主幹は倒してしまっても良いのではないか?
 
 主幹を支える力は相当なものなので、その力をひこばえの方に回して、新しい主幹が大きくなるのを見守るのが良いと思う。

 イチョウの生命力の強さに賭けてみては?
 

 (2011年2月20日撮影)

(2011年6月19日撮影)
縮景園の被爆イチョウ縮景園の被爆イチョウ 
 前回は落葉期に訪れたので、今回は葉っぱがたくさんある頃に訪れてみた。

 思ったよりたくさんの葉っぱが出ていて元気そう。樹勢は悪いと思うが、葉っぱをたくさん出せる力はまだまだあるよう(^−^)

 ←ひこばえもたくさん生長している。伐られてしまうのだろうが。。。。

(2011年11月27日撮影)
縮景園の被爆イチョウ 
 被爆イチョウの黄葉を撮影しようとこの木も訪れてみた。

 全体的に黄葉し、落ち葉もあるし、ちょうど見頃のようである。
縮景園の被爆イチョウ縮景園の被爆イチョウ 
 落葉期、黄葉、深緑と訪れたので、次は花と新緑の頃が良いだろうか。

 

(2012年3月11日撮影)
縮景園の被爆イチョウ縮景園の被爆イチョウ縮景園の被爆イチョウ

 見頃となった梅の撮影後、このイチョウの様子を見に訪れてみた。
 といっても、まだ芽吹きには早いので、落葉したままの姿であるが、少し季節感を出そうと、マンリョウを入れてみた(笑)
 今年も元気にたくさんの葉っぱをつけてくれることだろう。
 

(2013年2月9日撮影)
縮景園の被爆イチョウ 
 早咲きの梅を撮影に来たついでにこのイチョウも撮影にやって来た。

 冬の落葉樹は、見る分にはつまらないかな^^
 縮景園の被爆イチョウ

(2013年3月31日撮影)
縮景園の被爆イチョウ縮景園の被爆イチョウ 
 縮景園の桜を撮影に来たので、この木の新緑も見ようとやってきた。

 まだ芽吹き始めで、葉っぱは展開していなかったが、黄色い花の様できれいだった。

(2018年5月4日撮影)
 
 5年ぶりの訪問であるが大きく樹勢の衰えもなさそうで元気そうではある。
 谷側への葉っぱの展開はなく、片側にしか葉をつけていない。
 どうもこのイチョウは「木の棒」のように見えて、どのように撮影すべきかまだよく分からない。向き合い方が足りないのだろうな。

  (2018年6月24日撮影)
   
 5月に訪れたばかりだが、紫陽花の撮影のついでに確認しにやってきた。
 新緑の初々しさから深みが増し、濃い色になっている。
 生い茂った葉っぱを見てみると、銀杏が美味しそうにたくさんぶら下がっていた。
 
   
 
 

 
 
<アクセス>
 
 縮景園のHPでアクセスを確認してください。入園料250円です。
 縮景園内の北東側、悠々亭の北東にあります。
 
 

Copyright(C)2003 All Right-reserve tonari