広島県の大樹

【樹齢】:不明
【樹高】:11m
【幹周】:2.8m
【指定】:
(被爆樹)


撮影日
2009.6.27
2010.4.3
2011.5.2
2017.5.3
 クスノキ科 <樟・楠>

広島城のクスノキ 広島県広島市中区基町 広島城公園

  (2009年6月27日撮影)
広島城の被爆クスノキ広島城の被爆クスノキ 
 広島城の北東、外堀の角に被爆したクスノキの大木で立っている。爆心地からの距離は1120m。

 爆風の影響か地上4mくらいのところで主幹が折れ、南側の枝が光を求めて大きく伸びている。

 樹皮が剥がれているところもあるし、あまり樹勢はよくない印象であるが、生き残ったところから展開された葉っぱは青々と生気に満ちている。 
広島城の被爆クスノキ 
 不安定な樹形は支柱で保たれているが、原爆と言う残酷な光と熱、放射線を浴びてもまだ生き続けようという生命力が感じられる。

 巨木が当たり前のクスノキにあっては小さな木であるが、存在感を感じさせてくれる大木である。
 広島城の被爆クスノキ

(2010年4月3日撮影)
広島城の被爆クスノキ 
 広島城の桜を見に来たので、この木の様子も見に来た。

 他のクスノキは既に新緑を出しているが、この木は葉っぱの展開が遅いようである。やはり樹勢はあまり良くないのかもしれない。
 広島城の被爆クスノキ

(2011年5月2日撮影)
広島城の被爆クスノキ広島城の被爆クスノキ
 桜の花の時期はあまり葉っぱが出ていなかったが、この時期になると葉が茂り、花が咲き始めていた。

 桜のように華やかな花が咲くわけではないので、気付かない人も多いと思うが、地味な花も結構キレイなものである。
広島城の被爆クスノキ 
 やはり樹勢は良いとは言えないようで、葉の茂りはまばらである。

 被爆樹木の中では好きな木のひとつなので、もっと元気に枝を大きく広げて欲しい。
 
  (2017年5月3日撮影)
   
 6年ぶりの訪問である。
 天気が良いせいで余計にそう見えるのだろうが、以前より元気そうな印象である。
 いや、良い変化が見える。
 根元にひこばえが生長し大きくなっている。
 ひこばえが生長してエネルギーが蓄えられれば更に生長するだろう。
 
 
 
 

 
 
<アクセス>

 広島城の東側を外堀に沿って北上していけば角にある。
 広島城の駐車場は観光バス用しかなく、普通車は広島城南側の道路向かいにある市営中央駐車場(地下)が一番近い。
 
 

Copyright(C)2003 All Right-reserve tonari