広島県の大樹

【樹齢】:不明
【樹高】:17.5m
【幹周】:3.8m
【指定】:
(被爆樹)


撮影日
2011.5.2
2017.5.3
 クスノキ科 <樟・楠>

上八丁堀のクスノキ 広島県広島市中区上八丁堀 裁判所アパート南側

  (2011年5月2日撮影)
上八丁堀の被爆クスノキ 
 爆心地から1120mに位置するクスノキの巨木。

 周りが草むらになっているので近づくのが躊躇われ、根元に行って黄色いプレートを確認できなかったが、この木で間違いないようである。

 クスノキらしい円い大きな樹冠で、本当に被爆しているのか疑問に思うほどである。

 人が根を踏むことも無く、十分に根を張れる環境にあるので、今後巨樹になることが期待される。
 
  (2017年5月3日撮影)
 
   
 6年ぶりの訪問である。
 アパートは廃墟のようになっていて敷地に入りにくいが、「進入禁止」と車が入ってはダメということのようなので、人間は入らせていただく。被爆樹木の見学なので迷惑行為ではないから構わないと思うが、いかがだろうか?

 クスノキの方は相変わらず旺盛な樹勢を現し、被爆樹木だということが信じられないくらいである。
 根が十分に張れることと、人が入れないことがあり、将来的には巨樹に生長していることだろう。

 ←裁判所側から撮影。門が閉まっていて中に入れないので、遠くからしか撮影できない。望遠レンズを持ってきていないので、これで精いっぱいだが、青空と撮影出来て、これはこれでいい写真となった。

 根元から撮影してみたいな〜
 
 

 
 
<アクセス>

 広島城北東隅にあるRCC中国放送の北端位置からアパートの間の細い道に入り、一つ目の建物を過ぎて右に入ると正面に見える。
  

Copyright(C)2003 All Right-reserve tonari