広島県の大樹

夫楠
【樹齢】:400年
【樹高】:30m
【幹周】:6.4m
【指定】:県
(社叢として)

婦楠
【樹齢】:400年
【樹高】:30m
【幹周】:5.4m
【指定】:県
(社叢として)

ムクノキ
【樹齢】:不明
【樹高】:25m
【幹周】:5m
【指定】:県
(社叢として)

タブノキ
【樹齢】:不明
【樹高】:20m
【幹周】:3.5m
【指定】:
※2004年倒壊


【撮影日】
2003.3.20撮影
2009.5.30撮影
 巨樹群

新庄の宮の夫婦クス (巨樹群) 広島市西区大宮1-1-9 新庄の宮神社

新庄の宮の夫婦クス 
 広島市内、国道54号線のすぐ側に青々とした見上げんばかりの巨木が2本並んで立っている。

 夫婦クスと呼ばれる巨木で、交通量の多い国道沿いにあって旺盛な樹勢を見せる。

 緑が少ない地域にあってオアシス的な印象を受ける。
新庄の宮の夫婦クス 
 夏の暑い日などにこの木の下に入ると涼しそうだ。
ムクノキ 
 さて、この新庄の宮には他にも巨木が多い。

 落葉の季節なので樹種を断定できないが、説明によればムクノキ、タブノキ、ケヤキなどの大木が見られるそうである。

 左の写真はおそらくムクノキではないだろうか?
(間違っていたら教えてください)

 新庄の宮のムクノキは、広島県下6位だそうだ。
タブノキ 
 左の写真の木は、おそらくタブノキと思われ、県下3位の巨木である。


 ※2004年9月7日、台風18号の強風で根元から倒壊しました。
ケヤキ? 
 左の写真の木は、樹形からしてケヤキのように見えるが、ちょっと自信なし...(これも間違っていたら教えてください)


 この新庄の宮は、原爆の爆心地からそう離れておらず、これらの巨木達も被爆したはずだが、その影響がなかったかのように元気に聳え続けている。

 広島に原爆が投下される以前は、広島市内にもこの神社に匹敵する社叢があったのだろうが、今となっては想像するしかない。

 もっとも、都市計画や排気ガスなどの影響で樹勢は衰えつつあるそうである。都市の中にあるからこそ意義がある巨木たちのように感じた。
 
(2003年3月2日撮影)

(2009年5月30日撮影)
新庄の宮の夫婦楠新庄の宮の夫婦楠新庄の宮の夫婦楠

 広島市最大のクスノキの巨樹。
 6年前に訪れたものを載せているが、写真が悪いので撮り直しに訪れた。実は『環・太田川』というミニコミ誌で半ページの巨樹紹介の記事を書いているのだが、そこに載せる写真が無いので再び訪れたのである。

 そこで使っている写真はここでは載せないが、まずは角度を変えての3枚の組み写真(上の写真)を。
 
新庄の宮の夫婦楠新庄の宮の夫婦楠

 ↑続いては根元の太さを強調して撮影した2枚。
 国道側が婦楠で、お社側が夫楠なのだが、夫楠の方の根元には空洞が見られる。
 
新庄の宮のムクノキ新庄の宮のムクノキ 
 巨大なクスノキがあるので影が薄くなってしまっているが、ここにあるムクノキは広島市最大のものである。

 


 <アクセス>

 市街地にあるので行き方は様々。
 広島城のそばを通る国道54号線で北上する。線路を潜って最初の信号(白島駅北)で左折し、国道54号線とぶつかったら右折して数百m進むと左手に見える。

 駐車場はないのでバスで訪れる方が良い。市街地なので路上駐車をお勧めできないのだが、車でないと都合が悪い方は、周辺にドラッグストア、ファミレス、スーパーがあるので、そちらで何か買ったり食事する用事があれば停めてもいいと思うが。。。(←こう書くとマズイ?
  
 

Copyright(C)2003-2009 All Right-reseaved tonari