広島県の大樹

【樹齢】:不明
【樹高】:30m
【幹周】:3.95m
【指定】:
 ニレ科   <楡>

大歳神社のムクノキ 広島県豊田郡安浦町内海 大歳神社

大歳神社のムクノキ
 JR呉線が大きくカーブした内側に幹周り4mほどの大きなムクノキが立っている。線路越しに見ると、手前が田圃で開けていているので大きさがよく分かる。

 根元が空洞化しつつあるようで、亀裂も見えるのが心配。

 近くにある河手神社の大椋と比べるとやはり一回り小さい感じがするが、社を遙かに越えて聳える姿は勢いを感じる。

 由緒書きはかすれて読めないが、「老椋」の字が見えるのでムクノキであろう(葉っぱもムクノキのようなので)。

 近くの河手神社にも大きなムクノキがある。
 JR呉線からも見ることが出来る。

 (2003年6月15日撮影)


 <アクセス>

 呉から国道185号線で安浦町に入り、広い新道ではなく旧道の方に入る。歴史民俗資料館を通り過ぎてまもなく信号がありそこを左折するが、2本道があるので右の方に入る。広島信用金庫まで来たら細い路地に左折してまもなく神社が見える。
 狭い路地なので駐車スペースはほとんどなく、車で入り込むのはあまりお勧めできない(苦労しました)。
 
 

Copyright(C)2003-2006 All Right-reseaved tonari