広島県の大樹

【樹齢】:不明
【樹高】:6m
【幹周】:3.1m
【指定】:
(被爆樹)


撮影日
2007.2.18
2009.6.27
2010.4.3
2017.5.3
その他の被子植物

広島城のマルバヤナギ 広島県広島市中区基町 広島城公園

  (2007年2月18日撮影)
広島城のマルバヤナギ 
 爆心地から770mの位置にある被爆樹木。

 原爆の爆風、熱線を受けてもなお生き続けている。

 枝張りは大きく、主幹はどっしりとして頼もしい。

 ただ、空洞化と幹の損傷が見られ、樹勢は良いとはいえないが、悲惨な戦争の生き証人として永く行き続けて欲しい。
広島城のマルバヤナギ 
 右奥に見えるのが、これも被爆樹のユーカリノキ。

 主幹はこれ以上成長することは難しそうだが、小さな枝は一生懸命広がっている。

(2009年6月27日撮影)
広島城のマルバヤナギ広島城のマルバヤナギ

 主幹は大きく空洞化して皮だけの状態になっているが、伸びた枝の重みで裂けないように縄をグルグル巻きにしてあった。
 樹勢は良くないはずなのだが、写真のようにたくさんの葉っぱを茂らせており、朽ちかけの主幹の印象とはかなりギャップを感じる。
 
広島城のマルバヤナギ広島城のマルバヤナギ

 お城の門番が居るような位置で生えていて、こうして見ると、老門番がブツブツ愚痴でも言いながら立っているようにも思える(笑)
 

(2010年4月3日撮影)
広島城のマルバヤナギ
 樹勢が良くないので心配している木であるので、様子見に訪れてみた。

 樹形の変化も無いようで、現状維持といったところか。

 葉っぱの展開は遅れているが、芽はしっかりつけていて、花も咲こうとしていた。
  広島城のマルバヤナギ
広島城のマルバヤナギ広島城のマルバヤナギ

  (2017年5月3日撮影)
 
 
 弱っていた樹であるが、葉っぱもたくさんつけて元気を取り戻しているよう。
 新緑が美しく青々としている。
 花はさすがに終わっていて、殻が残っているだけだった。次は花を撮りに来なくては。

 
 


 <アクセス>

 広島城を目指してもらえばよい。 南手から入るとすぐに出会える。
 広島城の駐車場は観光バス用しかなく、普通車は広島城南側の道路向かいにある市営中央駐車場(地下)が一番近い。
 

Copyright(C)2003-2010 All Right-reseaved tonari